鼻の整形は値段が高い?相場を知っておこう

婦人

手術のメリットや特徴

注射器

コンプレックスがなくなる

鼻の高さや形は生まれつきの遺伝で決まります。低い、幅広、団子鼻など、鼻にコンプレックスを抱いている人は少なくないです。そのようなコンプレックスは、美容外科クリニックで美容整形をすることで解決します。メスを入れないプチ整形で鼻を高くできるのが、「ヒアルロン酸注入法」です。ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸を注射器で注入するだけの簡単な美容整形です。ほうれい線などのしわ消しにもよく使われていて、美容医療の分野では欠かせないものになっています。低い鼻を高くしたい場合は、眉間のあたりから鼻の頭にかけて、数センチおきにヒアルロン酸を注入します。そうすると、ヒアルロン酸の効果で表面が盛り上がって高くなります。ヒアルロン酸は弾力があって体になじみやすく、安全な成分です。整形した感じがしなく、生まれつきのように仕上がるのが魅力です。また、局所麻酔をしてから注射を打つだけのプチ整形なので、外科手術と比較するとダウンタイムや後遺症のリスクが少ないのもメリットです。カウンセリング当日に日帰りで受けて、その場ですぐにコンプレックスが解消します。ヒアルロン酸注入法は、注入するヒアルロン酸の量・質によって値段が異なります。注射器一本あたりの値段は5万円〜10万円が目安です。安い価格だと5万円以下でできる美容外科クリニックもあります。高品質で純度が高いヒアルロン酸ほど、値段が高くなるのが一般的です。ヒアルロン酸は、時間が経過すると自然に体内に吸収されてなくなります。完全に吸収されるまでにかかる期間は、注入してから1年ほどです。ヒアルロン酸がなくなると元に戻るので、吸収されてしまう前に再度注入するのがお勧めです。一生理想の鼻をキープしたい場合は、シリコンプロテーゼを入れる本格的な美容整形手術が効果的です。シリコンプロテーゼを入れる美容整形なら、ヒアルロン酸注入法と違って半永久的な効果があります。鼻の中からアプローチして切開するので、見た目では手術跡がまったくわからないのもメリットです。シリコンプロテーゼの形には、I型やL型などがあります。また、幅や高さも豊富です。その中から自分が希望するデザインのプロテーゼを選ぶことで、コンプレックスを解消して希望通りの鼻になれます。また、仕上がりが気に気に入らず、やっぱり元に戻したいと思った場合は、シリコンプロテーゼを除去すればいいので簡単です。シリコンプロテーゼを使って行う美容整形手術は、痛くないように局所麻酔をして行います。手術時間は30分〜60分程度です。しばらく安静にして麻酔が切れたら、痛み止めを処方してもらって帰宅できます。最初はプロテーゼがぐらぐらしている状態なので、抜糸をするまで包帯やテープを剥がさず、しっかり固定しておくことが大切です。手術をしてから1週間程度は、顔に腫れやむくみ、場合によっては内出血がでます。6日〜7日後に抜糸をしてからは、だいぶ腫れが落ち着いてきます。腫れやむくみが解消されて完全に希望通りになるのは、手術をしてから1ヵ月ほどです。シリコンプロテーゼによる隆鼻術の値段は、20万円〜30万円が目安です。基本的にプチ整形よりもリスクが高くなるので、評判がよく、スキルが高い医師がいるクリニックで手術を受けることが大切です。

Copyright © 2017 鼻の整形は値段が高い?相場を知っておこう All Rights Reserved.